状況に応じてスプレッドの広さは変化します

「スプレッド」とは外為は通貨ペアを取引して差益を稼ぐ取引です。コンブチャクレンズ

値段は常時上がったり下がったりします。

それが為替相場です。

ラジオのニュースを聞いているとドルやユーロの為替相場の情報が流れる状況があります。

「今日のドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

それは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表しています。

言い換えると、FXには買値と売値の2個の値があるという事です。

売値のことをビット、買値の事をアスクと示しているFX取引会社も存在しています。

いつもは売値が買値よりも安く設定されています。

現実に買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。

その差額をスプレッドといい、FX業者の儲けのひとつとされています。

スプレッドの幅は業者によって変化します。

スプレッドはコストになるので、狭い業者を選択するほうが儲けられます。

ただし、状況に応じてスプレッドの広さは変化します。

もしいつもはドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッド幅であってもマーケットの上下が激しいときには1銭よりも広くなる事があります。

ですから、スプレッドの広さが狭いのと同時に安定しているということが重要です。

今では変わらないスプレッドの差を提示する取引会社も多数あります。

現実にFX業者の取引画面上で実際のマーケットを確認しなければ判断できないので億劫ですが、肝心な事です。

大事な資金を投じて注文するわけですからトレードの前に関心があるFX会社の新規口座開設を遠慮せずにして、表示されているスプレッドの差を知っておきましょう。

同じ通貨でも、そのときの相場の状況によって、スプレッドの幅は異なる場合があります。

通常、インターバンクマーケットで取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが狭く、残りのペアではスプレッドの差が大きくなる事があります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.