受ける際に支払う必要がある税金なのです

自動車重量税、略して重量税という税金は国内メーカーの自動車あるいはイタリア車というような車の生産国やミニバン、ロールーフ車というような車の形状に例外なく例えば、ニッサンやポルシェ、等でも変わりなく負担義務を課せられているものなんです。ニコノン

新車を登録する場合、または車検を受ける際に支払う必要がある税金なのです。爪水虫 薬

額は対象となるクルマの大きさにより定められています。http://1-best.com

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全く別の税です。ポリピュア

しっかり理解して間違えないようにしなければなりません。

「自動車重量税というものは車重により」「自動車税というものは排気量毎に」金額が変わってきます。

そして買取時の対応も異なりますので、注意が必要です。

中古車を買い取ってもらう時には支払った自動車の金額がどれだけ残っていた場合でもその税金が戻ってくるということはないです。

一方で自動車税の時は支払った残存税額を売却額に足してくれる場合がなくはないですが、重量税に関しては上乗せされるといったことは全然ないのが現状です。

重量税については車を売るときに既に支払った金額が残っていると言っても自動車買い取り業者側でそれが配慮されることはほとんどないと思います。

ですから次の支払い、つまるところ車検に出すまで売るのを少し待ち買取っていただくという方法が最も良いでしょう。

自動車の引き取りの際は戻ってこないのが重量税ですが、特定の場合でしたら戻ってくることもあります。

それは車検が残ったままの自動車を廃車にする場合。

というのは、抹消登録をした場合残っている車検期間に応じて金額が還付されます。

ですが、車買取時はその自動車が廃車になるのとは違うので返金されません。

それに、車の名義変更をした際や盗まれたケースなども還付してもらうことはできません。

自動車重量税が残っている自動車を買い取るイコール、車検の効力が残っている中古車ということです。

買取側も配慮しますので、重量税の残存期間があればある程度買取額があがると思います。

もちろん、売却額は業者によって違ってきますが、車検が残っているということが考慮されれば手放す自動車の買取額と比較するとあまり割に合わないということもありません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.