手にすることができるはずです

ローンキャッシングした場合、返済をする時には利子分を含めての払いになるのは周知の事実です。うつ病と不眠症

カード会社は利益を目的とした企業ですから当たり前です。

そうはいってもお金を返す方は、少しでも少なく支払いたいというのが本心でしょう。

利息制限法が設けられる一世代前は、30%近い利息返していましたが、設けられてからは高利率でも年率18%位ととっても低く設けられているので、相当お得になったはずです。

最近のローンキャッシングの利率の幅は4%位から18%位の範囲が設定されていて、利用上限額により設けられます。

利用上限額は申請者の信用度によって決定します。

総量制限により年収の1/3までと定められていますので、収入がどれくらいあるのか?どんな仕事をしているのか?クレジットの使用状況はどうなのか?見られ与信額としてクレジットカードの内容が決められます。

カードを使ったローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各企業で金額は異なります)と広い範囲があります。

こうしてその幅の中で定めた利用可能金額により利息も決まってしまいます。

50万円なら18%、300万円なら年12%、800万円なら年4%といった具合になるでしょう。

結局、査定が良ければ、貸付可能金額も良くなり、金利も下がります。

これに疑問を受けるのは私だけでしょうか?余談となりますが、カード会社にとって、それらは当たり前なのでしょうが、一年の収入の良い人がキャッシングローンの必要があるとは考えずらいですし、万が一お金を借りた場合でも利子が多かろうが少なかろうがお金の支払いに追われる事はないはずです。

逆に収入の少ない人は直ぐにお金が必要だから借りるという人が大半です。

利息が悪いとお金の返済に苦しむなるはずです。

なので可能枠の小さい人こそ低利率で使用できるようにするべきなのではないでしょうか。

これは使う視点からの考えとなります。

この事を踏まえて、利率を安くする為にはどうしたら良いのか、漠然と感じたのではないでしょうか。

実際にこれから述べる方法で、申し込む人がたくさんいるので知らせますと、カードローンの手続きをする時に、一年の収入の1/3ぎりぎりまで申込みを行うのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円で申込みの審査で申し込んだ満額通ればそれだけ利息が低いクレジットカードを手にすることができるはずです。

だからと言って限度額ギリギリまで使わなければならないわけではありません。

1万円でも40万円でも必要な分だけの使用できます。

さらに最高利用可能金額が300万円で最低利子7%位の金融会社も存在しますので、その会社に申し込めばその企業の最低利子で返済できるようになるはずです。

どうですか?やり方を変えるだけで低利率のキャッシングできるカードを持つことが出来るようになります。

自身の年の収入とカード会社の設定を比べて、考える事に時間を掛ければ、より有利な状況でキャッシングできるのですから、面倒だと思わず確認するようにしましょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.