連帯保証人に対して直々に催促が送られるのです

自己破産というものは部分的な借りたお金を度外視して行う申告は不可能なので数十年残っている住宅ローン又は親族などの連帯保証人の存在する借入金を除外して行う自己破産を希望する旨の申告はできません。ルミナピールの公式通販販売サイトはこちら

住宅ローンがまだ残っているときに破産の申告を実行した場合自分の家は押収されてしまいますことから、住宅ローンを払いつつ(自分の家を守りながら)借金を整理したいときには民事再生という別の申請方法を用いることになります。

また連帯保証人の記載されている借入金が存在するケースだと自己破産申請者が自己破産を実行してしまうと、連帯保証人に対して直々に催促が送られるのです。

なお、持っている財貨(ビル、乗用車、株券ないしは保険等)においては通例例外無く押収の対象になってしまうゆえ持ち続けたい財が手元にあるケースや破産の手続きを行うと仕事ができなくなる資格を使って仕事をされている場合には別の借入金整理のやり方(債権者との和解による任意整理あるいは特定調停手続等)を検討しなければなりません。

さらにはギャンブルあるいは乱費で返済義務のある債務を作ったときには最大の関心事である免責(お金を無効にする認定)が認められない事態もないとは言えませんから、他の借金整理の仕方(特定調停の申し立て、債権者との和解による任意整理ないしは民事再生の適用による返済の減額)も視野に入れて調査する方が良いこともあります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.