www.asuwvoices.org

破産の申告を行ったとしても司法機関から親族に直接電話がかかるなどということはないでしょう。なので家族や親類には露見してしまわないように自己破産の申告できないとは申しません。それでも、現実を見ると、自己破産というものを行う際に役所から一緒に住む親類の給与を明らかにする書類や銀行の預金通帳のコピー等の書類資料の提供を求められることがありますし借りたところから家族へ催促が来るといったようなこともよくありますので家族や親族に秘密が明らかになってしまわないように自己破産の申告が実行できるという100%の確証は得られないといえるのです。家庭に知らせずにしておいてそれ以降に知られてしまいことに比較するとはじめから正直に真実を打ち明けてご家庭のメンバー皆の協力を得て自己破産を克服する方が望ましいでしょう。一方、別々に住んでいる家族であれば破産の申告をしたのが知られてしまうことはほとんど不安に思う必要はないと理解しても良いでしょう。夫あるいは妻の債務を滅することを目的として別れることを図る早まったカップルもいるようですが、実はたとえ夫婦同士だとしても基本的には自らが(連帯)保証人という身分になってしまっていない限りにおいて法律的な拘束はないのです。しかし、書類上の連帯保証人を請け負っているケースは婚姻関係の解消をしても保証人という立場上の責任は引き続き本人が負わなければいけないと判断されるため法律上の支払い義務があると言われます。よって婚姻関係の解消を実行するだけで借りたお金の支払に対する強制力が斟酌されるというようなことはないのです。ところでたまに債権者が自己破産申請者の家族に請求を実行するようなケースもありますが保証人又は連帯保証人を請け負っていないならば親と子・兄と弟の間などという近親者間の未返済金などの債務であっても本人以外の家族や親族に法律的な支払に対する強制力はありません。実際は、債権をもつ取引先が支払義務のない家庭の人にを標的に支払いの請求を行うのは貸金業の規制法における金融庁の運営規則内で規制されているため支払いの催促の手段によっては貸金業の規制法の支払いの請求の規制に違反することもあります。という訳ですから支払い義務がないにもかかわらず借り主の家庭が支払請求を受けたという事実が存在するのであれあば、貸し手に対して請求を止めるよう注意する内容証明を出すのが良いでしょう。よく、自己破産申請者の事がとてもかわいそうでならないからといって他の家族や親族が返済義務を代理で支払ってしまうことがありますが借り手本人が好意に甘えてしまい何回も借金を蒸し返すことがよくあります。なので借りた本人気持ちを考慮したら自分自身の力で債務を弁済させるか自力での返済が非現実的であれば破産申立てをさせた方が人生を全うするためには良いと言えます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.