頻繁にされている必要以上の支払い

融資の利息がどこも同じようなのは分かっている事かも知れませんが、それは利息制限法と言われる法律によりMAXの利息が定められているので似たような利息になるのです。債務 整理 弁護士

消費者金融などはその法の上限範囲内で個々に定めているので、同じな中でも相違があるようなローンサービスを提供しているのです。

それではその利息制限法とはどのようになっているのか見ていきましょう。

まず最初に上限範囲内の利息ですが、10万円未満のローンキャッシングには20%、10万円以上100万円未満は年間18%、100万円以上は15%、までと設けられていて、その枠を超える利子分は無効となります。

無効とはお金を払う必要がないといったことです。

でも以前は年間25%以上の利率で取り交わす貸金業が多かったです。

その理由は利息制限法に背いても罰則の規則が無かったためです。

また出資法による制限の29.2%の利率が認められていて、その法律を改訂することは無かったのです。

これらの利息制限法と出資法の間の利子の差の箇所が「グレーゾーン」と呼ばれるものです。

出資法には罰則が有り、この法律の上限利息は守られていたのですが、その出資法を適用する為には「ローンを受けた者が率先してお金を支払った」という大前提です。

この頃、頻繁にされている必要以上の支払いを請求されるものはこのグレーゾーンの利子分を必要以上の支払いとして返金を求める要求です。

法的でも出資法の前提が通ることはたいていなく、申し出が承認される事が多いと思います。

今では出資法の上限の利息も利息制限法とまとめられ、これにより消費者金融業の金利も同じようになっていると思います。

もしこの事に気付かずに、上限の利息を上回る契約をしてしまったとしても、契約が機能しないものとなりますので、最大の利息以上の利率を支払う必要はないのです。

しかし、今だ請求されるようなら司法書士か弁護士に相談してください。

相談することで返金を求めることはなくなると思います。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.