www.asuwvoices.org

特定調停による処理も任意整理と似ていて、おのおの債権を持つものへ返金を続けていくことを選ぶ債務整理の形のことをいいます。わかりやすくいうと裁判所が関与する債務の整理と考えればいいでしょう。この手順も任意整理による手続きと似ていますが、自己破産手続きと違い特定の借金のみを整理することが可能ですので他に保証人が付いている負債額以外について整理する時やクルマのローン以外について処理したい際等においても使用することができますし、全ての資産を処分してしまう必要がないため、株式や戸建て住宅などの自分名義の財産を持っていて、手放してしまいたくない状況においても有力な選択肢になる借金整理の手続きになります。いっぽう、これから返済が必要となる額と実際に可能な手取り額を比較検討し妥当な範囲で返済の目処が立てられるようならばこの特定調停による手続きを進めるほうが良いといえますが破産申告と異なり返済義務が消滅するというわけではありませんので、元金の額が多い場合などは実際的にはこの選択をするのは困難であるということがいえるでしょう。いっぽう、この手順は公的機関が間に入るため弁護士等に見てもらわなくても立場が弱くなってしまうことはないということや、手続きにおいてのコストをおさえられるという点は良いのですが債権者からの取り立てに対し債務者自身が対処していく必要があることや、実際に裁判所に幾度も足を運ぶことになる等の留意点もあります。くわえて、任意整理による処理との比較になりますが、最終的に和解が成立しないような際は金利をすべて含めた状態で返済していくことが求められることやあとから見れば債権を持つものに対して払う合計が任意整理による解決に対して増えてしまう傾向がある等の留意点もあります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.