www.asuwvoices.org

新聞の折込チラシ、街角に配布されたチラシや郵便広告などで「債務の片付けいたします」「多重負債を一括化しませんか」というような売り言葉を見かけることがありますよね。そういったものは、「整頓業者」「買取人」「紹介業者」という俗称の悪徳業者の嘘広告の場合があるということなのです。そういったものを依頼した場合には破産申請の中で一番重要な免責承認を受けられないリスクも存在します。「整頓人」は、ビラなどで多重負債者を呼び出し、常識外の料金を出させて負債整頓を行いますが、本当は債務整理は行われないで、負債人はより借金地獄に陥る失敗がほぼすべてと考えてください。「買取人」では依頼者のクレジットで家電、電車のチケットを大量に仕入れさせ債務者からそれらの品目を値段の20%もしくは半値で買い上げるというやり方です。当人はそのときは小金が増えますが、クレジット会社経由で購入品の全額の返済請求がくることになり、本当は負債額を悪化させる結果になります。この場合はカード会社に対しての詐欺とされてしまい免責判定を手に入れられなくなります。「つなぎ屋」では、著名な貸金から拒絶されるようになった債務者に対して、貸出はせずに、融通をしてくれる関係無い会社を教えて、常識外の経費を要求する悪徳業者です。自らのつなぎで資金提供可能となったというように解説しますが、本当のところは特に何もせず、規程のゆるめの業者を説明しているだけです。このケースだと現実には負債額を増やす結果となります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.