www.asuwvoices.org

外国為替証拠金取引(FX)には取引所取引というものがございます。平常のFX(外国為替証拠金取引)会社と売買を実行するものを「店頭取引」と言いますが、この事は取引所を通行させないで商売の相手はFX企業になるのです。「取引所取引」という場所はFX(外国為替証拠金取引)会社はあくまで仲介でありますので率直の商売目標は取引所という意味になっています。この違いを若干比べてみましょう。初めに「店頭取引」の時は預金してある証拠金は外為企業に統括されているのです。ところで「取引所取引」の場合、資金は全てのお金取引所に供託しなければならないと決められています。そういった事でもしも外国為替証拠金取引(FX)業者が破産するなんていう事柄があっても、取引所取引は取引所によって証拠金が全姿金防守されているということになるのです。折は外為業者が統括しているから、業況により会社パンクの巻き添えをに遭い預けていたお金はガードされないかもという可能性があります。また税金を考慮しても両者については規定に違いが存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として給料と一緒に計算して申請しないといけません。されど確定申告しなくても良い機会もあるとの事ですので、自己に該当するかどうかしっかりと確認してください。もしもあなたが会社員でサラリー2000万円以下、給与所得以外の実入りが20万円以下(2.3の会社から賃金所得はないこと)というようなのような内容を守っている状態でいるのであれば特例措置として確定申告は不要で大丈夫です。外国為替証拠金取引(FX)収益が20万円以上の時は確定申告をしなければいけません。税の割合は収入に反応して5〜40%の六段階に分けられていまして儲けが高ければ税も値上がりします。「取引所取引」については、利益があるのならば他の利益とは別で考え「申告分離課税」の対象となってしまうのです。税の度合いは全て同じ20%となるんですが仮にマイナスが決定したという事なら「取引所取引」の有益として損分を次年以降に先送りができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方が安価なタックスになる場合もありますので検討してみた方が良いでしょう。ことに未経験者のケースは、株価の動きや円の状況に常に気を配り、利潤やマイナス分にドキドキする事により、税金においての問題を忘れがちになってしまうこともあります。マイナス分は困るけれども、収入が増加すれば税金においても値上がりするので注目と認識が大切な点ですね。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.asuwvoices.org All Rights Reserved.